オーストラリアサッカー動画メニュー
■サッカー動画
■2010W杯アジア三次予選
中国戦【ラフプレーがエグイ】
カタール戦【圧勝で発進!】

■2007アジアカップ
日本PK戦【リベンジ完了】
日本戦【青の逆襲】
タイ戦【負けられない戦い】
イラク戦【実力差ハッキリ】
オマーン戦【大苦戦】

■2007アジアカップ予選
バーレーン戦【スーパーゴール!】
クゥエート戦【国内組中心】
クゥエート戦【捜索中】
バーレーン戦【捜索中】

■2006ワールドカップ
イタリア戦【後の世界一と接戦】
クロアチア戦【ベスト16へ視界良し 】
ブラジル戦【ブラジル強ぇ】
日本戦【背水の逆転劇】

■2006ワールドカップ予選
ウルグアイPK戦【運命のPK戦】
ウルグアイ戦【勝利が絶対条件】

■2002ワールドカップ予選
サモア諸島【ギネス記録の圧勝劇】
■サッカー動画【親善試合】
ナイジェリア戦【カーニー大活躍! 】
アルゼンチン戦【メッシ・テベス登 場】
シンガポール戦【アジア杯直前最終テスト】
ウルグアイ戦【レコバの逆襲】
中国戦【捜索中】
デンマーク戦【トマソン大活躍】
ガーナ戦【ラフプレー?】
パラグアイ戦【奇跡の2ゴール】
リヒテンシュタイン戦【W杯直前最終 調整試合】
オランダ戦【世界トップクラスと調整】
ギリシャ戦【捜索中】

■サッカー動画【意外な練習試合】
メルボルンビクトリー戦【プライド あります?】
U23代表戦【A代表vsU23の刺激的な日】




スポンサードリンク

【動画】オーストラリアvs日本【残り10分弱で全終了のW杯】

正直、思い出したくもない試合。
見つめなければならない試合かも知れないけど、見返したくない試合。

とにかく、最後の最後が酷かった。
それまでも危険な香りはしてたけど。

あーもう!!

オーストラリア 3 vs 1 日本
2006年6月12日(ドイツ)

【得点】
26分 中村俊輔
84分 ケーヒル
89分 ケーヒル
92分 アロイージ

【サッカーオーストラリア代表出場選手】
シュウォーツァー
ニール
ムーア(60分 ケネディ)
カリーナ
エマートン
グレッラ
チッパーフィールド
ウィルクシャー(74分 アロイージ)
ブレシアーノ(52分 ケーヒル)
ビドゥカ
キューウェル

動画を見る


posted by サッカールー大柴 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006W杯

【動画】オーストラリアvsオランダ【ドイツワールドカップに向けた親善試合】

サッカーワールドカップのドイツ大会直前に行ったオランダとの親善試合。

なぜこの試合が行われるになったのかというと、やはり監督のコネだと思う。

当時の監督は、オランダ人でPSVなども指揮した(実績も残した)フース・ヒディンク。

動画自体は画質が少し微妙ではあるけど、見ておいて損はない。

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親善試合

【動画】オーストラリアvsメルボルンビクトリー【わりと貴重なAリーグクラブとの練習試合】

サッカーのオーストラリア代表が、合宿中にAリーグ(日本でいうJリーグ)のメルボルンビクトリーと行った練習試合のサッカー動画。

この練習試合は、サッカーワールドカップ2010のアジア三次予選、中国戦に備えた合宿中に行われた。

練習試合日は2008年2月2日。

対戦相手であるメルボルンビクトリーは、オーストラリアのプロリーグであるAリーグのチーム。
中々良いチームです。

スコア等は不明だが、わりと押されてるような。

日本でも、大学生だけでなく、JリーグのチームとかJFLのチームとかともっと試合を行ったほうがお互いの強化になるんじゃないかな〜と思う今日この頃。

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 意外な練習試合

【動画】オーストラリアvsバーレーン【あの選手のスーパーボレー】

2006年10月11日に行われた、オーストラリアvsバーレーンの試合(アジアカップ2007の予選)。

オーストラリアはバーレーンをホームに迎え、3万6000人のファンが声援を送る。

久しぶりに主力選手のほとんどがスタメンに名を連ねたが、サッカーの内容もそれなりのモノ。

課題は、前半の早い時間に得点したものの、トドメの一撃を与えられなかったことくらいか。

得点者はアロイージとブレシアーノ。
特に、ブレシアーノのスーパーボレーは秀逸。
セリエAのパレルモで安定して活躍しているだけのことはある。

オーストラリア 2 - 0 バーレーン
2006年10月11日(オーストラリア)

【得点】
17分 アロイージ
24分 ブレシアーノ

【サッカーオーストラリア代表出場選手】
シュウォーツァー
ニール
エマートン
グレッラ
ビーチャンプ
ステリョフスキー(76分 トンプソン)
チッパーフィールド
カリーナ
ブレシアーノ(69分 ドッド)
ケーヒル(81分 スココ)
アロイージ

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007アジア杯

【動画】オーストラリアvsガーナ【ラフプレー】

2006年11月14日に行われたオーストラリアvsガーナの親善試合。

ラフプレーが中心の編集になっている。
1-1の引き分けに終わる。


オーストラリア 1 - 1 ガーナ
2006年11月14日(イギリス・ロンドン)

【得点】
25分 アロイージ(オーストラリア;PK)
75分 アゴゴ(ガーナ)

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親善試合

【動画】オーストラリアvsパラグアイ【2つの奇跡的なゴール】

2006年10月7日に行われた、オーストラリアvsパラグアイの親善試合。

この試合を最後に代表を引退するポポビッチ、カラチ、ビドマーがスタメンに名を連ねる。
カラチはセリエAのACミランのGKでもあり、たまに試合にも出ていた記憶がある。

オーストラリアのスタメンはこの3人以外は主力がほとんど。
ニール、ケーヒル、エマートン、グレッラ、ブレシアーノ、アロイージ、スココ、ラザリディスなど。

試合は一進一退の内容で、後半40分も過ぎ、このまま試合が終わりそうな感じだった。

しかし、ドラマはここから始まった。

後半43分、ポポビッチが劇的なゴールをあげる。
引退試合で、しかもDFながらの得点。

場内は大歓声。

そのままロスタイムに入り、時間稼ぎか後輩への引継ぎ儀式かのように、ポポビッチはビーチャンプと交代。

そして、後半ロスタイムが2分経過したとき、またもドラマが!!

途中出場の一分後に、ビーチャンプが奇跡のオウンゴール(笑)
クロスをダイビングヘッドっぽくゴールラインのほうへクリア(コーナーキックに逃げるように)。

シュオーツァーは反応したものの届かず、そのままゴール。

ある意味、超キレイなゴールだった。
場内騒然。私がいたパブ(居酒屋)も騒然。

パブ内、ビーチャンプの大批判!

そのまま1-1で試合を終える。

ポポビッチにとっては最高だけど、どこか複雑な、そしてビーチャンプにとっては最悪の試合になった。

オーストラリア 1 - 1 パラグアイ
2006年10月7日(オーストラリア・ブリスベン)

【得点】
88分 ポポビッチ(オーストラリア
92分 ビーチャンプ(オーストラリア;オウンゴール)

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親善試合

【動画】オーストラリアvsクゥエート【国内組中心アウェーで惨敗】

アジアカップ2007の予選。
オーストラリアはアウェーでクゥエートと対戦したが、0-2で惨敗。

その惨敗の理由は3つありそう。

1つは、ヒディンク監督がワールドカップ後に退任し、新しいチーム作りの途中であること。
これは、ホームで2-0で勝っているので理由にならないかも。

2つ目は、ホームで2-0で勝ったことで油断していたこと。

3つ目は、国内組が中心だったこと(中東の笛があったかどうかは不明)。

どんな理由があれ、負けは負け。

特に、アーノルド監督(当時)は、結果にガッカリ。
一応、これで経験が積めたと強気な発言もしてはいるが。。。

オーストラリア 0 vs 2 クゥエート
2006年9月6日(クゥエート)

【得点】
56分 ムタイリ
60分 ムトワ

【サッカーオーストラリア代表出場選手】
シュウォーツァー
スココ
チッパーフィールド
エルリッチ(30分 ライアン・グリフィス)
ミリセビッチ
ビーチャンプ
ウィルクシャー(63分マクドナルド)
マケイン
ステリョフスキー
ホルマン
アロイージ

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007アジア杯

【動画】オーストラリアvsリヒュテンシュタイン【ドイツW杯最終調整試合】

2006年ドイツワールドカップで日本との初戦を6月12日に控えたオーストラリア代表。

ドイツの地で、リヒュテンシュタインとの最終調整試合を行った。

ニールのオウンゴールで先制されるも、ステリョフスキーのゴールで追いつき、前半を終えたオージー代表。

後半に、ヒディンク監督の隠し玉であるケネディの得点で逆転し、アロイージがトドメを刺した。

しかし、ゲーム内容にヒディンクは激怒。

「最初の20分は、集中力の欠如があった。」
「プレースピードもゆっくりで、チャンスも自ら潰してしまった。」
「試合の最初をこういう方法で始めるのは大嫌いだ。」


激怒しております(笑)

んまあ、ヒディンクは不満をぶちまけていたが、GK以外の全選手を出場させた最終調整試合としては良かったと思う。

オーストラリア 3 vs 1 リヒュテンシュタイン
2006年6月7日(ドイツ)

【得点】
9分 ルーカス・ニール(オウンゴール)
19分 ステリョフスキー
74分 ケネディ
82分 アロイージ

【サッカーオーストラリア代表・出場選手】
カラチ
ニール
ムーア(76分 ビーチャンプ)
ケーヒル(84分 ミリガン)
ポポビッチ
エマートン
スココ(84分 キルケニィ)
キューウェル(58分 ケネディ)
ラザリディス(67分 トンプソン)
アロイージ
ステリョフスキー(84分 サーキーズ)

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親善試合

【動画】オーストラリアvsU23オーストラリア【貴重なU23とA代表の試合】

サッカーのオーストラリア代表の練習試合の動画。
相手は、何とU23オーストラリア代表。


ヨーロッパに所属する選手が多いが、若手との世代交代も順調に進めようという意気込みはかなりのもの。

A代表(フル代表)にU23の若手選手が呼ばれ、スタメンとしてプレーすることも多い。

んで、この練習試合。
スコアは不明だけど、U23代表のゴールシーンは結構イイ!!

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 意外な練習試合

【動画】オーストラリアvsナイジェリア【素晴らしいミドルシュートで勝利】

ロンドンで行われたナイジェリアとの親善試合のサッカー動画。

海外組が多いオーストラリアだけに、ロンドンで試合をすることが多い。

この試合に出場した選手も全員ヨーロッパのクラブに所属している。

特に、このナイジェリア戦で輝きをみせたのが、デイビッド・カーニー。

華麗なミドルシュートをズドンと25m先のナイジェリアゴールに突き刺し、決勝点となった。

カーニーは、シェフィールドユナイテッドに所属するMF。
オーストラリア代表にもしょっちゅう呼ばれていて、出場も多い。

オーストラリア 1 vs 0 ナイジェリア
2007年11月18日(イギリス;ロンドン)

【得点】
52分 カーニー

【サッカーオーストラリア代表出場選手】
シュウォーツァー
ニール
ビーチャンプ
エマートン
チッパーフィールド(46分 バーンズ)
バレッリ
ウィルクシャー
カーニー
カール
キューウェル
マクドナルド

動画を見る
posted by サッカールー大柴 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親善試合




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。